ページの先頭
  1. Atermstationホーム
  2. お知らせ
  3. 「Wi-Fi 6(11ax)」に対応したWi-Fiホームルータ プレミアムモデル2機種を発売

「Wi-Fi 6(11ax)」に対応したWi-Fiホームルータ
プレミアムモデル2機種を発売
〜複数端末同時接続時での安定通信と業界最速の高速通信を実現〜

2020/01/09

NECプラットフォームズは、Wi-Fiの次世代規格であるWi-Fi 6(IEEE 802.11ax、以下11ax)(注1)に対応したWi-Fiホームルータのプレミアムモデル「Aterm WX6000HP」を1月23日、「Aterm WX3000HP」を5月中旬より発売します。

本商品は、従来のWi-Fi規格に対して通信速度や安定性を高めた「Wi-Fi 6(11ax)」の特長でもある、Wi-Fi最新テクノロジーの「OFDMA」(注2)や「MU-MIMO」(注3)などの機能を備え、複数端末を同時に利用するなどWi-Fiが混みあった環境下でも遅延が少ない安定した通信が可能となりました。

さらに、これらの最新テクノロジーに加え、NEC独自の高性能アンテナである「ワイドレンジアンテナ」とクワッドコアCPUの採用により、業界最速(注4)となる実効スループット値4040Mbps(注5)による高速通信を実現しました。

また、Wi-Fi暗号化の最新技術である「WPA3」や最新のファームウェアに自動更新を行う「自動バージョンアップ(時間指定)」への対応により、セキュリティがさらに強化されました。

なお、本日より、公式Twitterをフォローおよびツイート選択するだけで、抽選で10名様に今回の新商品(Aterm WX6000HP)をプレゼントする「Twitterプレゼントキャンペーン(応募期間:2020年1月9日/12:00〜2020年2月9日/12:00)」を実施いたします。詳細は、下記のキャンペーンサイトをご覧ください。

Aterm WX6000HP Twitterプレゼントキャンペーン

NECプラットフォームズは、今後もAtermの通信性能の向上、機能の充実、環境対応等、ワイヤレスネットワーク環境の高度化を通じて、安心して快適で豊かな社会の実現に貢献してまいります。

※写真はイメージです。実際のサイズは 製品「仕様」ページ にてご確認をお願いいたします。

価格/発売時期

品名 型番 販売価格 販売開始(予定)
Aterm WX6000HP PA-WX6000HP オープン価格 1月23日(木)
Aterm WX3000HP PA-WX3000HP オープン価格 5月中旬

主な仕様/機能比較

新商品 新商品 現行品
WX6000HP WX3000HP WG2600HP3
無線LAN(注6) 4804Mbps (5GHz)
1147Mbps (2.4GHz)
2402Mbps (5GHz)
574Mbps (2.4GHz)
1733Mbps (5GHz)
800Mbps (2.4GHz)
有線WAN/LAN(注6、7) WAN:10Gbps×1
LAN :1000Mbps×4
WAN:1000Mbps×1
LAN :1000Mbps×4
WAN:1000Mbps×1
LAN :1000Mbps×4
ワイドシンジアンテナ
マルチコアCPU
クワッドコア

デュアルコア

デュアルコア
OFDMA(注8)
(同時接続台数)

(最大36台)

(最大36台)
MU-MIMO(注8、9、10)
(同時接続台数)

(最大8台)

(最大2台)

(最大3台)
バンドステアリング(注11)
オートチャネルセレクト
(起動時・動作時切替)
QoS(優先通信制御)
自動バージョンアップ(時間指定)
WPA3
IPv6 IPoE/IPv4 over IPv6
DHCPv6-PD(注12)

特長

1. 「Wi-Fi 6(11ax)」対応により複数端末同時接続でも安定通信

通信速度や安定性を高めた次世代規格の「Wi-Fi 6(11ax)」の特長でもある、最新テクノロジーの「OFDMA」や「MU-MIMO」機能を備え、複数端末を同時に利用するなどWi-Fiが混みあった環境下でも遅延が少ない安定した通信が可能となりました。
さらに、端末ごとに通信帯域の優先順位を設定できる「QoS(優先通信制御)」により、他の端末に影響されず、eスポーツなどのネットワークゲームやストリーミング動画の視聴といった高速インターネットサービスを快適に利用できます。
また、既存モデルから通信帯域やチャネルにおける混雑回避が可能な「バンドステアリング」や「オートチャネルセレクト」機能を継承しております。

2. 業界最速となる実効スループット値4040Mbpsによる高速通信

クワッドコアCPUの採用により、複数コアで分散処理が行えるため、さらなる高速通信が可能となりました。さらに、既存の上位モデルでも採用しているNEC独自の高性能アンテナ「ワイドレンジアンテナ」とNECのチューニング技術の組み合わせにより、実効スループット値4040Mbpsの業界最速を実現しました。
また、最新のインターネット接続方式のIPv6通信を実現する「IPv6 IPoE」および「IPv4 over IPv6」を既存モデルから継承し、新たに「DHCPv6-PD」(注12)にも対応しました。これにより、インターネット回線が混み合う時間帯でも高速で安定した通信が可能です。

3. Wi-Fi暗号化の最新技術である「WPA3」対応によるセキュアな通信

Wi-Fi暗号化の最新技術である「WPA3」に対応したことで、「WPA3-SAE」(注13)や「Wi-Fi CERTIFIED Enhanced Open」(注14)など新しい認証方式による通信を実現し、よりセキュアな通信が可能となりました。また、最新のファームウェアに自動更新を行う「自動バージョンアップ(時間指定)」機能により、日々報告される脆弱性問題に対してセキュリティ対策されたファームウェアを常に最新の状態で安心して利用することができます。

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

注記

  • (注1) 本商品は、Draft IEEE802.11axに準拠しています。
  • (注2) 直交周波数分割多元接続。通信帯域を分割して同時に複数台の端末へデータを送信できる技術です。
  • (注3) 複数アンテナを活用したビームフォーミング制御による空間多重によって、同一周波数上で複数端末との同時通信を実現する技術です。
  • (注4) 2019年12月1日現在。日本国内メーカの家庭用Wi-Fiホームルータにおける各社公開値での比較です(当社調べ)。
  • (注5) WX6000HPの無線LAN実効スループット値。表示の数値は当社の測定環境にて測定したものであり、ご利用の環境(電波状況、通信距離、パソコン性能、ネットワーク環境など)により、実効速度が出ない場合があります。測定条件等の詳細は、製品情報ページをご覧ください。
  • (注6) 表示の数値は本商品と同等の構成をもった機器との通信を行ったときの規格上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。
  • (注7) WX6000HPのWAN(10Gbps)は、設定によりLAN(LAN1)として切替動作が可能です。
  • (注8) 子機も対応している必要があります。
  • (注9) WX6000HPはダウンリンクとアップリンクに対応。WX3000HP、WG2600HP3はダウンリンクのみ対応です。
  • (注10) 規格値上の最大値です。WX6000HPは、最大3台(2×2)、WX3000HPは、最大2台(1×1)になります。
  • (注11) 子機によっては周波数帯が切り替わらない場合があります。
  • (注12) ルータ配下の端末に対してIPv6アドレスプレフィックスを自動で割り当てる機能です。
  • (注13) 認証パスワードへの推測攻撃を防ぎ堅牢性を高めてセキュリティ強化を図った認証方式です。
  • (注14) 公衆Wi-Fiなど認証不要で利用できるオープンWi-Fiにおいて通信の傍受を防ぎ堅牢性を高めてセキュリティ強化を図った認証方式です。WX6000HPのみ対応です。

関連リンク

Aterm製品情報ページ

Wi-Fiホームルータ・親機


  • * 「Aterm」は、日本電気株式会社の登録商標です。
  • * 「Wi-Fi」、「WPA3」、「Wi-Fi CERTIFIED Enhanced Open」は、Wi-Fi Allianceの商標または登録商標です。