HOME > 目的別で探す >  機能別設定ガイド > IPv6を使ったサービスの利用方法(子機編)

IPv6を使ったサービスの利用方法(子機編)

設定を行う前に・・・

  1. このページでは「ひかりTV」などのIPv6通信を利用したサービスを使用するにあたって、必要な設定方法を掲載しています。v6プラスやtransixなどで使用する「IPv6 IPoE」「IPv4 over IPv6」には対応していないため、これらの接続方法に対応した機種をご検討される場合は新規画面で開きます「IPv6 IPoE」「IPv4 over IPv6」に対応している機種はありますか?をご参照ください。
  2. ご利用の動作モードによって、設定の有無が異なります。以下の表をご参照ください。
    動作モード 対応状況
    PPPoEルータ 初期状態で「IPv6ブリッジ機能」をご利用いただけます
    ローカルルータ 「IPv6ブリッジ機能」の設定が必要です

    ※ご利用の動作モードが不明な場合は、次のページの手順に進み設定をご確認ください

    注意

    • Aterm親機のルータ機能を使っている場合の説明です。他社製ルータや複数ルータを利用している場合の利用方法は、サポートいたしておりません
    • Wi-Fi(無線LAN)子機からIPv6を使用できるように、Aterm親機の設定を行う手順です。Wi-Fi(無線LAN)子機の設定を行うものではありません
    • IPv6を使ったサービスを利用するには、インターネット回線側のオプション契約や、専用のソフトウェア等が必要な場合があります。詳細は各事業者にお問い合わせください
  3. 映像配信サービスをご利用の場合は、以下もご参照ください。

    「テレビ」サービスをご利用される場合は、上記以外に「IPv6マルチキャスト」と「マルチキャスト伝送速度(Mbps)」の設定が必要です。次のページの設定を行ってください。

    参考
    • 映像配信サービス対応チューナー、テレビ、パソコンなどをLANケーブルで配線可能なAterm子機は以下のとおりです。

      お使いのAterm親機とAterm子機の対応状況は新規画面で開きますAtermシリーズ無線LAN製品接続情報にて、ご確認ください

      機種名 必要な設定など
      WR9500N  Aterm親機との無線設定がされていない場合は、新規画面で開きます設定を行ってください。「ACTIVEランプ」が点灯します。
      WL300NE-AG Aterm親機との無線設定がされていない場合は、新規画面で開きます設定を行ってください。「LINKランプ」が点灯します。
      WL54SE2 Aterm親機との無線設定がされていない場合は、新規画面で開きます設定を行ってください。「LINKランプ」が点灯します。
      WL54SE ファームウェアバージョン1.0d以上で対応です。低い場合は新規画面で開きますバージョンアップをしてください。
      Aterm親機と無線接続されていない場合は、新規画面で開きます設定を行ってください。「LINKランプ」が点灯します。

      ※ 子機モードで使用時

上記を確認のうえ、
設定を行う場合はこちら

▲ページトップ