HOME > 目的別で探す >  機能別設定ガイド > IPv6を使ったサービスの利用方法(子機編)

IPv6を使ったサービスの利用方法(子機編)

設定を行う前に・・・

  1. Aterm親機の動作モードによって、設定の有無が異なります。以下の表をご参照ください。
    動作モード※1 設定の有無
    PPPoEルータ 初期状態でIPv6ブリッジ機能を利用いただけます。
    ローカルルータ 設定が必要です。手順に進んでください。
    ブリッジモード※2 Atermの設定は必要ありません。

    ※1  動作モードが不明な場合は、手順に進み設定を確認してください

    ※2  Activeランプ橙点灯の場合

    注意

    • Wi-Fi(無線LAN)子機からIPv6を使用できるように、Aterm親機の設定を行う手順です。Wi-Fi(無線LAN)子機の設定を行うものではありません
    • 回線事業者から提供されている機器など他にルータ機能が動作している場合、Aterm親機はブリッジモード(ACTIVEランプ橙)にしてご利用ください。
    • EthernetタイプのAterm子機にブロードバンド映像配信用チューナーを接続した場合、一部サービスが利用できないことがあります。Aterm親機に接続してご利用ください

    • IPv6を使ったサービスを利用するには、インターネット回線側のオプション契約や、専用のソフトウェア等が必要な場合があります。詳細は各事業者にお問い合わせください

上記を確認のうえ、
設定を行う場合はこちら

▲ページトップ