HOME > 目的別で探す >  機能別設定ガイド > IPv6を使ったサービスの利用方法(子機編)

IPv6を使ったサービスの利用方法(子機編)

設定を行う前に・・・

  1. このページでは、「ひかりTV」などのIPv6通信を利用したサービスを使用するにあたって、必要な設定方法を掲載しています。v6プラスやtransixなどで使用する「IPv6 IPoE」「IPv4 over IPv6」の設定方法ではありません。
  2. IPv6を使ったサービスを利用するには、インターネット回線側のオプション契約や、専用のソフトウェア等が必要な場合があります。詳細は各事業者にお問い合わせください
  3. 回線事業者から提供されている機器など他にルータ機能が動作している場合、Aterm親機はブリッジモード(ACTIVEランプ橙)にしてご利用ください。ブリッジモードの場合は、Aterm親機に、この設定を行う必要ありません。

    設定画面イメージ

    補足

  4. ファームウェアver2.1.0未満のWG2600HP3をローカルルータモードでご使用の場合、映像配信サービスのテレビ番組を視聴される場合は、次のページを設定を行ってください。ご使用の環境が不明な場合、設定内容を確認したい場合も、手順に進んでください。

    注意

    • Wi-Fi(無線LAN)子機からIPv6を使用できるように、Aterm親機の設定を行う手順です。Wi-Fi(無線LAN)子機の設定を行うものではありません。親機として使用していないAtermの設定は、IPv6を使ったサービスの利用方法(中継機編)をご参照ください。

    参考

上記を確認のうえ、
設定を行う場合はこちら

▲ページトップ