No. 00302

Windows 2000のパソコンにて、「msvcp60.dllが指定されたパスに見つからない」と表示されて、サテライトマネージャが起動できません。

公開日 2008/07/30 最終更新日 2008/07/30

回答

Windows 2000をクリーンインストールされたパソコンに、「msvcp60.dll(Visual C++のモジュール)」がないと発生します。

「C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Web Folders」フォルダに「MSVCP60.DLL」がある場合は、「C:\winnt\system32」フォルダにコピーしてください。

または、次のファイルを実行してください。

www.aterm.jp/support/lib/@test/msvcp60.exe

詳細は「スタートメニュー」-「AtermWARPSTARユーティリティ」-「お読みください」をご覧ください(以下抜粋)。

ご注意

本ユーティリティを使用するには、MSVCP60.DLL,MSVCRT.DLLが必要です。

これらのファイルは、Microsoft社が提供する、「VC6RedistSetup_jpn.exe」というファイルを実行することでインストールできます。

Microsoftのサポートページからこのファイルを入手して実行してください。

より良いサポート情報ご提供のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

この情報は役に立ちましたか?

対象機種

WL130NC、WL300NC、WL300NC-G、WL300NU-AG、WL300NU-G、WL54AG、WL54AG-SD、WL54SC、WL54SC2、WL54SU、WL54SU2、WL54TU

主な対象機種は、現行機種および2004年以降に発売されたブロードバンド機種です。

対象機種の一部は、すでに修理受付期間が終了している場合があります。
故障や通信障害の事前回避と快適にインターネットをご利用いただくため、最新の製品への買い替えをお奨めいたします。
販売中のAterm製品につきましては、「製品情報」をご覧ください。

修理受付期間が終了した機種の内容については、更新を停止している場合があります。
最新の環境や端末でご使用の際、掲載内容の対応を行っていただいても解決しない場合もあります。