No. 12017

Atermの接続設定が最後まで完了したのに、AtermのACTIVEランプが緑点灯しません

公開日 2015/11/27 最終更新日 2021/06/15

回答

Atermの接続設定が最後まで完了したのに、 AtermのACTIVEランプが緑点灯しない場合は、以下の確認を行ってください。

どれか1つの項目で改善が見込めた場合は、他の項目については確認を行う必要はありません。

  1. AtermのACTIVEランプがオレンジ点灯している場合

    ブリッジモード(ルータ機能を停止した状態)で使用している状態です。

    この状態で、インターネット接続できている場合は問題ありませんのでそのままご使用ください。

  2. AtermのACTIVEランプが消灯している場合 その1

    Aterm背面のWANポート側に、ETHERNET(LAN)ケーブルを通じてインターネット接続済みのブロードバンドモデムや終端装置が接続されていない状態です。

    ケーブルがきちんと接続されているか、Aterm背面のLANポート側に間違えてケーブルを差してしまっていないかをご確認ください。

  3. AtermのACTIVEランプが消灯している場合 その2

    Atermをローカルルータモードで設定した場合、WANポート側に接続されているブロードバンドモデムや終端装置とIPアドレス体系が競合されて保存されてしまった可能性があります。

    その場合、インターネット接続が行えませんので、初期化を行い、最初から設定をやり直してください。

    初期化後にクイック設定Web(初期設定画面)を開くと、IPアドレスがWAN側と競合しているので別のものに変更するように指示される画面が表示される場合があります。

    推奨のIPアドレスが表示されていますので、「設定」ボタンを押して設定を完了させてください。

    なお、ここで表示されている推奨のIPアドレスが、今後クイック設定Webへアクセスする際のアドレスになります。

  4. AtermのACTIVEランプが消灯している場合 その3

    IPv4 over IPv6通信に対応したサービスに加入された状態で、自動判定で動作モードがIPv4 over IPv6通信モードにならず、IPv4 over IPv6通信が確立できなかった場合にACTIVEランプは消灯します。

    ネットワーク設備の一時的な不具合により、正常な判定ができなった可能性があります。

    しばらくお待ちになられてから、AtermのWANケーブルの抜き差しまたは再起動を行ってください。

  5. AtermのACTIVEランプが点滅している場合

    動作モードがIPv4 over IPv6通信モードの場合、以下の場合に赤点滅を行います。

    • ご加入回線のIPv4 over IPv6通信接続サービスが、プロバイダ側で有効になっていない、または申し込みをされていない可能性があります。

      IPv4 over IPv6通信接続サービスの使用手続きをプロバイダに正式に行った上で、有効になっていることをご確認ください。

    • ご加入回線のIPv4 over IPv6通信接続サービスに、Atermが対応していない可能性があります。

      IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)接続確認済みリストをご覧の上、対応可否をご確認ください。

    • AtermのWANポート側に接続されているインターネット接続機器[プロバイダ提供のONU(回線終端装置)/ひかり電話対応ルータ/ホームゲートウェイなど]には、Aterm以外をLANケーブルに接続しないで設定を行ってください。

    • AtermのWANポート側に接続されているインターネット接続機器[プロバイダ提供のONU(回線終端装置)/ひかり電話対応ルータ/ホームゲートウェイなど]側にIPv4 over IPv6通信接続サービスの接続設定がある可能性があります。

      その場合、Atermはブリッジモード(Atermの電源を切った状態で、本体背面のモード切替スイッチをBRに変更して電源をオン。Aterm起動後はACTIVEランプがオレンジ点灯します)に切り替えて使用するようにしてください。

      なお、Aterm設定完了後にも、インターネット接続は行える状態ですが通信が安定せず、時折ACTIVEランプが点滅したり、再起動を行う場合があります。

      その場合は、「IPv4 over IPv6通信モード(v6プラスやtransixなど)で使用の場合、設定完了後もインターネット接続は行えるが安定せず、時折ACTIVEランプが点滅したり、再起動する場合がある」をご覧の上、改善策をお試しください。

  6. AtermのACTIVEランプが約1秒間隔で点滅している場合

    PPPoEルータモードの設定でプロバイダ(事業者)から提供されたIDとパスワードが間違って入力されため、PPPoE認証エラーになっています。

    クイック設定Webを開き、プロバイダ(事業者)から提供されたIDとパスワードを入力し直して、設定を保存してください。

    設定手順は、「クイック設定Webを開くと、接続状態に「PPPoE認証エラー」と表示されており、インターネットに接続できません」をご覧ください。

    IDとパスワードは大文字や小文字、半角や全角を区別しますのでお間違いのないよう、よくご確認の上ご入力ください。

    また、引っ越しを行った際に、プロバイダ(事業者)の変更や、光コラボレーション(ドコモ光など)などに契約を変更していると、以前登録を行った IDとパスワードが変更になっている可能性があります。

    契約を行っているプロバイダ(事業者)に、提供されているIDとパスワードに間違いがないかをご確認ください。

  7. AtermのACTIVEランプが早い点滅を繰り返したり、消灯する場合

    Aterm設定時にWANポートに接続されているブロードバンドモデムや終端装置側に問題があると、この状態になります。

    ETHERNET(LAN)ポートがあるパソコンやMacをお持ちの場合は、ETHERNET(LAN)ケーブルを通じて、ブロードバンドモデムや終端装置に直接接続してインターネット接続が行えるかご確認ください。

    インターネット接続が行えない場合は、ブロードバンドモデムや終端装置側の設定を見直してください。

    見直しを行っても改善されない場合は、ご加入のプロバイダ(事業者)へお問い合わせください。

より良いサポート情報ご提供のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

この情報は役に立ちましたか?

対象機種

WX3000HP、WX3600HP、WX6000HP

WG300HP、WG600HP、WG800HP、WG1200CR、WG1200HP、WG1200HP2、WG1200HP3、WG1200HP4、WG1200HS、WG1200HS2、WG1200HS3、WG1200HS4、WG1400HP、WG1800HP、WG1800HP2、WG1800HP3、WG1800HP4、WG1900HP、WG1900HP2、WG2200HP、WG2600HP、WG2600HP2、WG2600HP3、WG2600HP4、WG2600HS、WG2600HS2

WF300HP、WF300HP2、WF800HP、WF1200CR、WF1200HP、WF1200HP2

WR4100N、WR4500N、WR8100N、WR8150N、WR8160N、WR8165N、WR8170N、WR8175N、WR8200N、WR8300N、WR8370N、WR8400N、WR8500N、WR8600N、WR8700N、WR8750N、WR9300N、WR9500N

主な対象機種は、現行機種および2004年以降に発売されたブロードバンド機種です。

対象機種の一部は、すでに修理受付期間が終了している場合があります。
故障や通信障害の事前回避と快適にインターネットをご利用いただくため、最新の製品への買い替えをお奨めいたします。
販売中のAterm製品につきましては、「製品情報」をご覧ください。

修理受付期間が終了した機種の内容については、更新を停止している場合があります。
最新の環境や端末でご使用の際、掲載内容の対応を行っていただいても解決しない場合もあります。